祭りの組織について

組織

九鬼町は一番から四番までの自治会(組)に分かれている。

祭りに関しては、このうち一・二番組を遊谷配(ゆやばい)、三・四番組を里配(さとばい)と称し、両配から祭りを差配する 「村組」各一名と 「配役」各二名が選ばれる。

実際に祭りを行うのは大祷・三月祷・五月祷・霜月祷・小祷らであり、彼らは「祷」がつくことから「祷屋」と呼ばれる。

村組・配役は首にピンクのてぬぐい、祷屋は赤の手ぬぐいで区別される。かつてはそれぞれの月ごとに行事が行われたが、現在ではこれらの祷屋によって正月の行事だけが行われている。




祭りの役にはこのほか小学校高学年~中学生の男子二名が務める賀儀取と、子どもの務める矢取りなどがあり、両配の賀儀取が年ごとに交互に「前弓」「後弓」を務める。


【2011/01/22 2011年、2010年度の大祷を削除しました。】

【2011/01/25 矢取守についての記述を改めました。】



写真左より 配役、五月祷、賀儀取、矢取


2011年度の配役です。従来通りとなりました。


 名称役割 選出方法人数 
 祭りの実行者 三月祷:さんがつとう 賀儀取の世話人 両配から1名ずつ選出 2
  五月祷:ごがつとう 賀儀取諸礼で口上を述べる 両配から1名ずつ選出 2
  霜月祷:しもつきとう 角力をとる、杯の注ぎ役等 両配から1名ずつ選出 2
 祭りの差配役 村組:むらぐみ 祭りの取り仕切り役 両配から1名ずつ選出 2
  配役:はいやく
 番組から1名ずつ選出 4
 祭りの補佐役 小祷:ことう 祭りの補佐役 両配から番組組長を1名ずつ 2
  賀儀取:かぎとり 鰤祭りで矢を射る(賀儀取諸礼)  2
  矢取:やとり 賀儀取が放った矢を取りにいく  2
  矢取守:やとりもり 矢取の後見人 1人の矢取に2人(下記参照) 4*1
  
 合計 22

*1
矢取守の人数は決まっていないが、町内を矢取を肩車して一周する役のため1人の矢取に2人付くことが多い。
多いときでは1人に矢取守4人ついたこともある。
ここでは実際の矢取守の人数ではなく、よくあるケースとしての人数を記載した。




以下は過去の配役です。赤字で記載されている役が現在はないものか、変更されているものです。


2010年度の配役
  名称役割 選出方法人数 
 祭りの実行者 三月祷:さんがつとう 賀儀取の世話人 両配から1名ずつ選出 2
  五月祷:ごがつとう 賀儀取諸礼で口上を述べる 両配から1名ずつ選出 2
 祭りの差配役 村組:むらぐみ 祭りの取り仕切り役 両配から1名ずつ選出 2
  配役:はいやく
 番組から1名ずつ選出 4
 祭りの補佐役 小祷:ことう 祭りの補佐役 両配から番組組長を1名ずつ 2
 その他 賀儀取:かぎとり 鰤祭りで弓を射る(賀儀取諸礼) 九鬼共同組合 2
  天狗:てんぐ賀儀取が放った矢を取りにいく  2
  
 合計 18
     





2009年度の配役
   名称 役割  選出方法 人数 
 祭りの実行者 大祷(正月祷):おおとう  正月の祭りの責任者・角力をとる  両配から1名ずつ選出  2
   三月祷:さんがつとう  賀儀取の世話人  両配から1名ずつ選出  2
   五月祷:ごがつとう  賀儀取諸礼で口上を述べる  両配から1名ずつ選出  2
   霜月祷:しもつきとう  角力をとる、杯の注ぎ役等  両配から1名ずつ選出  2
 祭りの差配役  村組:むらぐみ  祭りの取り仕切り役  両配から1名ずつ選出  2
   配役:はいやく
 番組から1名ずつ選出  4
 祭りの補佐役  小祷:ことう  祭りの補佐役  両配から番組組長を1名ずつ  2
  賀儀取:かぎとり 鰤祭りで矢を射る(賀儀取諸礼)  2
  矢取:やとり 賀儀取が放った矢を取りにいく  2
  矢取守:やとりもり 矢取の後見人  4*1
   
 合計  24



Comments